読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日陰者の夕べ

静かに暮らしたい隠れバンギャル

初夏の太陽の眩しさと健全さが大嫌い

野音からもう2週間とか信じられない、口癖でも何でも無い筈なのに何度でも言ってしまう。

歳を取ると本当に月日の経過は早い物です。

連休明けに仕事が溜まっていて忙しかったせいもあるのだけれど。

あと、女性特有の事情で死んでました。

若い時から重くて重くて、学生時代なんか毎月のように早退していた物です。

肉体的な痛みや気怠さは然る事ながら、酷い時は精神的にも堪えるのがしんどいし、慣れません。

こうしてヒステリーおばさんが誕生していくのだろうか、と思うとより死にたさ

 

そんな中別室更新期限過ぎた頃だけど今回もう良くね、過去の音源はそれはもう大事にしているけれど、新譜に関しては今後一切合財の興味を失わない限りは聴く聴かないの是非は別として何だかんだ手元に置いておく事を選ぶのだろう、的な考えだしライブだって去年3回行っただけでそのうち1回はラムフェス、その後の村フェスは正直あまり乗り気ではなかったのだからそれこそ文句をダラダラ言いながら聴かないで下さいって話だ、いや聴くのだけれど今まで以上に距離を置いても良いよね、とぐちゃぐちゃ考えて更新しない決意をしました。

どうせ去年と同じように猶予期間になっているだろうしこのまま引き止めメールをスルーしておけば勝手に猶予期間すらも切れるのでしょう、と思い別室アクセスしたら。

有効期限が2018年…だ…と?

自動更新されてたー

去年までは更新時期が来るとお知らせのメールが来て、更新する場合はここから手続きしてね、とURL貼られていた筈なのだけれど。

知らない間にカード決済されていた模様。

 

ちょっとこれどうなの、カード情報って個人情報の中でも重要性は結構上位に入ると思うんですけれども。

気付いた時には本来の更新期限から1週間はとうに過ぎているので、クーリングオフ的な制度の対象にもならない事でしょう。

その間会員の特典は勿論一切受けていなくても駄目だろうなあ。

狂信時代だったら

「お、自動更新なんて気が利くじゃねえかw手続きの手間省けたぜww」

と思えたのかも知れない。

 

仮に何かの行き違いで更新期限のお知らせが届かなかったとしても、本人の手続き無しで自動更新ってガチで無くね?

続ける気があれば定期的に料金が発生するシステムでそういう事して良いのって公共料金だけだと思うんだけどなあ。

更新停止は無理にしても、ちょっと別室に問い合わせだけはしてみよう。

問い合わせる事で却ってモヤモヤが増す可能性はあるけれど、何もせずモヤモヤしているよりは良い筈。多分、きっと、恐らく。

 

13まだ試聴しかしてないや。