読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日陰者の夕べ

静かに暮らしたい隠れバンギャル

薄目で見た朝焼けに何想う

cali≠gariの7期終了DVD商法にずっと嫌気が差していて、でも僅かに気持ちが落ち着いて来ました。

で、7期を聴いたらやっぱり最高過ぎて泣けて来る。

8期以降の曲も仮に誠が叩いたら全然違うんだろうな、聴いてみたいなと考えても仕方ないと分かっていても考えてしまう。

きっとこの不毛な堂々巡りは当分止められないのでしょう。

あまりにも耳に馴染んだcali≠gariの曲達も、あまりにも楽しかった記憶もある意味、呪いみたい。

7期を懐かしんで恋しがって縋り付く事を止められそうにないからその気持ちを肯定してきたけれど、それが呪いのような物の素の1つである事は分かってる、でも7期が特別で唯一無二な存在だったからこそ割り切れないんだ。

仮に7期を越える楽曲を彼等がこれから作ったとしても7期をあんな形で終わらせた事、7期終了DVDの阿漕な商法と青さんの呟きは現実に起こってしまった事なのだから、いずれにせよ前みたいな気持ちで楽しんだり泣いたりはきっと出来ないのに。

どうすれば良いのか、どうしたいのか分からない。


第6実験室直後、嫌な事があって友達に愚痴る時「もう本当あいつ187!」とか一時期よく言ってたな。

あれから14、5年経つんだなと思うと、甘酸っぱいと言うよりほろ苦い気持ちです。


気持ちは切り替えきれないけれど、MERRYのイベントが続々決まって戸惑っています。

新宿ブルースのcali≠gari直球なサブタイトル何あれ、cali≠gariカバーなんだろうけれど、いや、行きたいけれど行きたくない怖い、絶対に正気ではいられない怖い!!

でも行きたいセトリも気になるし青春狂想曲と冷たい雨はやりそうだけれど聴いてどんな気持ちになるのか見当も付かない、ああでも禁色とか僕は子宮とかガラの声に合うだろうな聴きたいなあ…。

その後すぐにテツバだし、しばらく考えなければ。

朝の部が何か知らないけれど、朝夜両方行くならばもしかすると2泊か往路夜行バス明け直で朝の部か、いや夜行バスは出来る限り避けたい、2500円未満なら我慢して一夜バスで過ごそうと努力はするけれど今日日そんな安い便少ないし、本当に御免被りたい。


遠征の予定考えるの楽しいな。

その前にハロウィン楽しもう。