読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日陰者の夕べ

静かに暮らしたい隠れバンギャル

繰り返す、自問自答

雑記

7期cali≠gariのラストライブが映像化されるそうです。

気持ちの遣り場がありません。

 

何故このタイミング?とは思ったけれどカメラが入っていた事は知っていたし、嬉しい気持ちもありました。

製作期間だったり大人の事情だったり色々あるだろうし、得意の特殊装丁で出す事も数種出す事も俄かに予想は出来ました。

でも、売り方は駄目だ。

あまりにも、センスも配慮も感じられない、ただの阿漕な商売だ。

 

複数売りをドラマで揶揄しつつも狂信盤や良心盤と名付けて幾度となく自らも複数売りに乗っかってきたのは、彼等の遊び心も感じられて嫌いではありませんでした。

が、今回は使って欲しくなかった。

それでも狂信盤と良心盤はまだ良い。

傷心盤の文字に目を疑いました。

7期終了で悲しみや怒り、喪失感を嫌と言う程味わって、未だに払拭する事が出来ずにいるというのに、傷心という簡単な言葉で、それも言葉遊びのつもりで表して欲しくなかった。

 

明確な説明を避けたまま行動で示すべきと活動してきたと言うけれど、「cai≠gariを続ける為に抜けて貰った」という一言を、7期を好きで通っていたガリストが忘れる事はないと思うし、忘れたくても忘れられない言葉だと思う。

知る由も無いけれど、誠にもきっと原因はあったんだろうとは思います。

ただ、誠の目に触れる・耳に入るであろう可能性が充分にある、それも誠には反論出来る余地の無いツールで一方的に誠だけを悪者に仕立て上げるような発表をしておきながらそれを無かった事にしようとしているのは、解せないし納得なんて出来る訳が無い。

活動だって、ツアーを回って音源を出して、7期でやっていた事と明確に変わった事は何も無い。

明らかなのは、持ち味が薄れに薄れた音だけ。

 

ちょっとだけセンチメンタルなんて言葉で済ませて欲しくない、何度だって言うけれど悲しみや怒り、喪失感を嫌と言う程味わった。

2年経っても蹴りを付けられない気持ちを引き摺りながら、7期の思い出に縋る想いを肯定する事でどうにかその気持ちの角だけは取れてきたと思っていたのに。

 

僕の声が届かない。

つじつまを合わせるばかり。