読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日陰者の夕べ

静かに暮らしたい隠れバンギャル

視線の先に答えは無いんだよ

しばらくライブの予定が無くて、寂しいです。

歳も歳なので少しはまったりするのも悪くないのだけれど。

 

少し前に友達と話していて気付いたのですが、最近街中でもライブでも、如何にもバンギャルです!というルックスの人が減ったように思います。

今も昔も隈なくバンギャル観察している訳ではありませんが、h.naotoアルゴンキンセクダイBPNで固めた王道スタイルもしくは全身真っ黒のバンギャルロリィタさんもあまり見掛けなければ、ディアマンテ着ているような姫ギャルもいない。

絶滅した訳ではないけれど、日常生活を送っていて「あ、この人バンギャルかな」と一見して分かるような服装や化粧の人をあまり見掛けなくなりました。

新宿やら原宿行けば別ですが。

ライブでも箱ではツアーTデニムスニーカーの人が増えたし、ホールの時はコスやらロリやら見掛けるね、程度で。

 

箱では装飾品いっぱい付いた服やアクセは危険を伴うし、仕方ないのだけれど少し寂しいな。

如何にもバンギャルな装いをして、気恥ずかしいながらも快感を伴いながら歩く、あの何とも言えない感覚はある程度若くなければ出来ないのにな。

縮毛矯正シャキーンのエクステツートン+ボロ布のような服で練り歩いていたかつての自分を止めたい気持ちもあると同時に、我ながら眩しかった。

それこそ不安ばかりなのに気持ちはときめいていた。

楽しかった。

 

あの頃に比べたら服も売れない時代だし、naoto系列なんか全店舗閉店でオンラインのみに絞るそうですね。

あの縫製でこの値段は無いべ、と服の素人でも感じたような作りだったとは言え、ああいうジャンルでは頭一つ出た存在だったのに。

セクダイやピースナウ系列が閉店してからも随分経つし、流行り廃りもあるのかも知れません。

学校ではともかく職場ではとても着れないし。

 

ライブ会場を離れれば一見バンギャルに見えないバンギャルが増えたと同時に、ロリィタの精神論のような物も気付けば聞かなくなりました。

あれは何だか、堅苦しくて好きではありませんでした。

MANA様位徹底していたら格好良いけれども。

 

取り敢えずハロウィンか白い羊ではロリィタ着よう。

オバンギャだけれど無地のゴスロリやクラシカルなら辛うじてまだ無理は無い。と思う。